angel soap Melbourne 誕生秘話

[angel soap]誕生までのお話

こんにちは!

オーストラリア・メルボルン発の肌と地球に優しい手作り石けん [angel soap] の製作・販売をしている、梅崎リー小枝(さえ)です。

このページでは [angel soap] 誕生までのことを、ご紹介させていただきます。

「手作り石けんとの出会い」

いきなりですが、市販の石けんや洗浄剤、基礎化粧品をお使いになった後に肌が乾燥して痒くなったり、保湿後のいつまでも続くべたつき感を不快に思われたことはありませんか?

私は2004年に手作り石けんに出会うまでは、常に肌の乾燥と痒み、そして保湿の方法に悩んでいました。

元々敏感・乾燥肌で、その上強すぎる合成香料で鼻炎の症状を起こしたりする体質です。

それがオーストラリアに住むようになって、メルボルンの乾燥している気候に加え、肌に合う洗浄剤や基礎化粧品を長いこと見つけられなかったことが更に乾燥や痒みの症状を悪化させてしまっていたようです。

全身至るところに出来る湿疹も、乾燥するから痒くなり、痒いのを我慢しきれずに掻くから症状が悪化する、という悪循環。

掛かりつけのGP(一般医)に勧められた商品をいろいろ試してみましたが、香りが苦手だったり、ボディーソープやソープフリーの石けんの洗ったか洗ってないか分からないような洗い上がりと、べたべた感が不快だったり・・・。

皮膚科の専門医にまで掛かりましたが、薬で対処することで一時的には良くなっても上記の悪循環でまたぶり返す・・・という繰り返しで、診療費も嵩んで結局通院はフェードアウト。

そんな時にたまたま耳にしたのは、

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
どうやら乾燥肌には手作り石けんがいいらしい!!
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

という話でした。

でもマーケットで売っているようなハンドメイド・ソープは、私の苦手な強い香りのものばかり・・・。

香りが強くないものがあったらいいのになぁ。。。

と思って更に調べてみたら、意外な?事実を知りました。

それは・・・

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
実は石けんって、意外と簡単に作れちゃうということ
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

だったのです。

苛性ソーダという劇薬を使うので「簡単に」というと語弊がありますが、材料が揃えられて、注意事項をしっかり守りさえすれば石けんを作る手順自体は全然難しくはありません。

私が一番心配していたのは「苛性ソーダが手に入るのか」だったので、それがオーストラリアでは簡単に入手出来るものであることが分かったら、元々物作りが大好きな性質。

石けんを作ることを考えただけで楽しそうで、ワクワクしてしまって「作りたい欲」が抑えられませんでした(笑)。

「初めての石けん作り」

そんな訳で材料と道具を揃えて初めて石けん作りをしたのが、2004年3月のことでした。

自作石けん第一号は、大好きなラベンダーの精油とラベンダー・ハーブで香り付けをした石けん。

しかも初めてなのに、オリジナルレシピ(苦笑)

解禁までの1ヶ月ほどを指折り数えて待ち続け・・・とうとうその日がやってきました。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
初めて自作石けんを使った時の感動は、一生忘れないと思います。
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

大げさに聞こえるかも知れませんが、直感で「これだ!」と思いました。

しっかり洗えて、すっきりとした洗い上がり。
肌にちゃんと残っている、潤い。
強すぎないラベンダーの香り。

そしてこの日から石けんを作り続ける日々が始まったのです!

「手作り石けんを使い始めた人はその使い心地の良さを知ると、市販の石けんには戻れない」

とはよく言われることですが、私も心からそれを実感しています^^。

[angel soap] の誕生

使うのも楽しいですが、作る方がもっと楽しい!という性質なので(笑)、インスピレーションに任せてどんどん作っていきました。

当然のように我が家、一家庭で一度に使える石けんの数には限りがあるので、石けんは増えていく一方です(汗)。

そこでいろいろ考えた結果・・・。

「お裾分け」という名の押し付け開始(苦笑)

(その頃から私の石けんを愛用してくれているお友達もいて
本当に有難いなーと思っています。^^)

そんな私を見て、我が夫が「売ればいいのにー」とよく言っていたのですが、当時は自分が作りたいものをとにかく色々作ってみたかったので見事にスルー(笑)

でもそうやって4-5年ほど、「押し付け」、もとい「お裾分け」している間に石けん作りの経験も積んで自信も少しずつ出てきました。

周りからも「肌の調子が良くなった」とか「痒くならなくなった」等、私自身も実感していることを度々言って貰えたり、「売らないのー?」と聞かれることも多くなり、

商品化を考え始めたのが、2009年のことでした。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
肌のトラブルは本当に辛いものだと、よーく知っているから・・・。
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

オーストラリア在住の日本人の方々とお話していると、乾燥肌や敏感肌に悩んでいる・・・ということは本当によく耳にする話です。

大人の方だけではなく、赤ちゃんやお子さんも・・・。

私が自分の肌に合う石けん・洗浄剤が見つからなくて悩んでいたように、同じような悩みを持っている人って沢山いるんですよね・・・。

痒みや肌荒れなどの肌のトラブルが辛いことは、私も本当に嫌になるくらい実感してきました。

でも私は、手作り石けんを使うようになってから

– 洗顔後の不快な肌のつっぱりがなくなり

– 石けんで皮脂をとられすぎないので、ベタベタするほどに保湿しなくても良くなり

– 乾燥による肌の痒みに悩まされることも少なくなったのと

– 石けん作りを通して、植物油や天然素材の原料について理解を深めたことで、オイルやフローラル・ウォーターなどを使った、肌にも負担が少なくて、保湿にも効果的なスキンケア方法を取り入れるようになり

– 乾燥による痒みで掻きむしることによって、肌の状態が悪化することも少なくなりました。

肌の刺激となる合成の添加物なども含まれていないので安心して使えますし、微香または無香料なので強い香料の香りを我慢する必要もありません。

以前の悩みがあるからこそ、手作り石けんをご紹介することで、肌のトラブルに関する不快感を少しでも軽減するお手伝いがしたくて・・・。

そんな思いから、今まで私が作って試してきた沢山のレシピの中から特に使い心地が良く、素肌にも優しいものを選び出し、改良に改良を重ねて編み出されたのが今こうして皆さんにご提供している

[angel soap]

なのです。

→ 【angel soap】 のこだわりについて